• 2024-04-16

ふじみ野市音楽家協会

音楽で人と人が繋がる文化芸術都市をつくりたい

後藤美奈子

◆会員プロフィール◆

後藤 美奈子(ごとう みなこ)(声楽・ソプラノ)

愛知県立芸術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院首席で修了。
名古屋二期会のオペラ「ヘンゼルとグレーテル」の魔女、「ねじの回転」のグロウス夫人(指揮外山雄三 演出栗山昌良)、「あまんじゃくとうりこひめ」のあまんじゃく、「カルメル会修道をの対話」のマリー(指揮外山雄三 演出栗山昌良)に出演。その後上京し日本オペラ振興会育成部終了。藤原歌劇団準団員となり短期留学で渡伊。
イタリアにて演出家、フェロー二、ゴヴォーニ、コレペティのフルロッティ、L.バラジョーラの各氏に師事。
文化庁人材育成オペラのオーディションに合格し、魔笛の侍女1に出演。
日欧文化協会フレッシュコンサートに出演の他、ニューイヤーコンサートや第九のソリストをはじめ数多くのコンサートに出演。

数多くのオペラを演じて、新聞に批評なども掲載。

最近では、オペラを身近にというコンセプトのトークコンサートは、好評を博している。
演奏活動のかたわら
たくさんの講座の指導者として、童謡、唱歌、フォークソング、ゴスペルなどで活躍し、小・中学生のヴォイストレーニングをはじめ、アウトリーチ活動、誤嚥性肺炎防止のヴォイストレーニングにおいては、延べ10000人以上の受講生を集客し、人気を博している。
また、チャリティーコンサートをプロデュースしたりと地域の活動も近年意欲的に取り組んでいる。

・ふじみ野市文化審議委員副委員長
・ふじみ野市こどもにやさしいまちづくり条例審議委員
・埼玉県子ども食堂ネットワーク監事
・ふじみ野市音楽家協会会長
・東京二期会会員
ふじみ野では、少年野球やPTA役員などの地域活動をきっかけに、子どもたちが文化を通して夢や希望を持って元気になってもらいたい思いから、音楽によるまちづくりに力を入れています。