• 2024-07-17

ふじみ野市音楽家協会

音楽で人と人が繋がる文化芸術都市をつくりたい

綿貫翔

◆会員プロフィール◆

綿貫 翔(わたぬき しょう)(声楽・テノール)

埼玉県出身・所沢市在住

県立芸術総合高等学校音楽科卒業。
武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業。

声楽を國弘雅也、岸本力、現在は工藤健詞の各氏に師事。
これまでにオペラでは『フィガロの結婚』『ジャンニ・スキッキ』『道化師』『外套』『カルメン』等のオペラに出演。
豊島区オペラソリストの会主催のオペラ『カルメン』ではドン・ホセ役を、奏楽会主催のオペレッタ『メリー・ウィドウ』ではカミーユ・ド・ロジオン役を、また師の主催するありどおろ座オペラ『ジャンニ・スキッキ』ではリヌッチョ役を歌い好評を得る。
サロンや病院、公民館などでのコンサートや、君津にある「森の停留所音楽ホール」のこけら落とし公演、2009年ナポリで行われた演奏会等に出演。
2019年11月には世界的ソプラノ歌手、ディミトラ・テオドッシュウ女史との共演を果たし大好評を博した。
また来日に際して行われた女史によるマスタークラスを受講。
現在師の主宰するヴェルディアンサンブルにて研鑽を積みつつ、自主企画公演を多数主催主唱し好評を得る。
第22回万里の長城杯国際音楽コンクール第4位を受賞。
現在ふじみ野市で活動する「コットンふじみ野コーラス隊」にて講師を務める。

趣味はヴァイオリンやピアノを弾く事、さらには楽譜集めCD集めが趣味です(笑)
音楽関係でない所ですと、考古学についての文献を読む事や、機械式腕時計の魅力に現在ハマっております。